MENU

フィラリア薬の種類について

フィラリアは、正しく予防薬を使用することで、100%防ぐことが可能な病気です。大切な家族の健康のためにも、毎年の予防は欠かせずに行いましょう。

 

動物に関する医療の発展と共に、昔は「錠剤」でしかなかったフィラリア薬にも様々な種類が発売されるようになっています。

 

毎年必ず行うことですから、無理なく、無駄なく予防を行いましょう。

 

食にこだわりのある小型犬には

まるで「おやつ」と勘違いするほどに、甘い香りのついた「チュアブル」タイプがおすすめです。

 

指で簡単につぶせるほどの硬さで、小型犬でも食べ残すことなく、あっという間に完食できます。

 

おやつタイプとはいえ、薬剤の効果は実証されていますので、安心してご利用いただけます。

 

⇒ハートガードプラス(カルドメック)

 

⇒ストロングハートチュアブル

 

「食べるかどうか不安」という時には

とにかく食べ物に敏感で・・・という時には、地肌へ直接滴下する「スポット式」がおすすめです。

 

肩甲骨の中央部分の被毛を広げ、地肌に直接滴下します。滴下量は非常に少ないので、あっという間に終えることができます。

 

滴下直後は被毛が湿ってしまいますが、すぐに乾燥し、べた付きや臭いも気になるほどではありません。

 

また、肩甲骨中央部であれば、自身の口が届かない部位なので、滴下後に舐めてしまう心配も不要です。

 

⇒レボリューション

 

飲み残しや食べ残しが不安な時には

多頭飼育の場合など、それぞれがきちんと飲めているかどうかの確認が難しい場合には、錠剤がおすすめです。

 

口を大きく開け、喉の奥へ直接押し込んでしまうので、飲み損ねる心配がなく、確実な方法です。

 

⇒パノラミス錠

 

忘れがちな場合には

月に1度の投薬を忘れてしまうようで不安がある場合には、フィラリア注射がおすすめです。

 

動物病院で予防薬を注射することで、1年間薬の効果が持続する、一番手軽な方法です。

 

このように、フィラリア予防の方法は様々な選択肢がありますので、各ご家庭に一番あった方法を選択しましょう。

 

ただし、どの方法であっても、毎年初回の投薬前には必ず血液検査をうけ、感染の有無を確認しましょう。

 

⇒フィラリアの予防注射は安全なの?薬とどう違うの?