MENU

フィラリア薬の投薬期間と時期

 

フィラリアの予防期間は、最短で何カ月ほどなのか・・と考えたことがある方は多いでしょう。動物病院で推奨している期間では、長すぎるのでは?もう少し短縮しても問題ないのではと。

 

実は動物病院で推奨している予防期間は、各病院が独自に定めているわけではなく、国内の地域ごとに蚊の発生期間を予測し、毎年発表されるデータに基づいて定められています。

 

つまり、温暖な地域であれば、蚊の発生、生息期間が長く、寒冷な地域であれば期間は短いのです。

 

一般的には、蚊が飛びまわり、人間が不快に感じる季節の前後2カ月を予防期間の目安とされています。

 

どうして前後2カ月も予防対象期間となるのでしょうか?

 

それは人間が不快に感じるようになるもっと前の時期から、後の時期まで蚊の産卵、孵化は続いているからなのです。

 

フィラリア薬の効果は成虫を死滅させることです。

 

ですが体内に産み付けられた卵に関しては、効果を発揮しない場合もあります。

 

もう涼しい季節になり、蚊もいないだろうと感じる季節であっても、実は犬の体内には、暑い季節に蚊が産み付けたフィラリアの卵が残ってしまっている場合があるのです。

 

その卵が後々孵化して、血管内を通り、心臓にたどり着いてしまうという危険性までも考えて、予防期間は設定されているのです。

 

暑い季節の終わり際に産み付けられた卵までもすべて死滅させることで、フィラリアの予防がきちんと完了したということになるのです。

 

地域によっては、フィラリアの予防期間が半年以上になる事もあるでしょう。

 

高額な予防薬の費用を少しでも軽減するためにと、予防期間を独断で短縮してしまうことは大変危険な行為です。

 

フィラリアの予防は、動物病院で推奨されている期間をきちんと守りましょう。

 

ですがフィラリア薬は安価で購入できる方法があるので、動物病院とインターネットを上手に使い分け、海外製品やジェネリック医薬品を積極的に活用するとよいでしょう。