MENU

フィラリア薬を飲み忘れた場合

フィラリア予防は、毎月1回1錠をと定期的に投与することが重要とされています。

 

しかし忙しい毎日の中でつい投与し忘れてしまったり、薬を切らしてしまうということももちろんあることでしょう。

 

もし投与を忘れてすまいサイクルがずれてしまった場合、どうすればよいのでしょうか?

 

数日のずれであれば

フィラリアの予防薬の有効性は目に見えるものではありませんが、投与後1カ月で厳密に効果が消えてしまうものでもありません。

 

投与のスケジュールがずれてしまい、数日であればさほど気にせずに、投与を行っても問題ないでしょう。動物病院で推奨されている期間が終わるまで、定期的に投与を続けてゆきましょう。

 

1か月以上の未投与期間がある場合には

予防薬の効果が、厳密に1カ月で切れてしまうわけではありませんが、もし1カ月以上の未投与期間が生じてしまった場合には、再度動物病院を受診し、血液検査を受けることをおすすめいたします。

 

特に、屋外で生活をしている犬、蚊の多く発生する地域で生活している犬、未投与期間中にキャンプなど蚊の多く発生する地域へ出かけた場合などです。

 

蚊に刺されたからといってすぐに、検査結果上「陽性」反応が出るわけではありません。

 

「陽性」となり、投薬によるショック状態を発症する危険性が生じるまでには、ある程度の期間を要します。

 

ですが、万が一の危険性を考え、再度の血液検査を受け、今後の投薬ススケジュールの仕切り直しをしましょう。

 

独自の判断は危険です

投薬を忘れてしまった場合に誤った判断をしてしまうことも、犬の健康を害する危険がある行為です。

 

  1. 独断でフィラリアの予防期間を短縮する
  2. 飲み忘れてしまった分を、次回分に上乗せして倍量で飲ませる
  3. 前年の未使用分の予防薬を、今年に使用する
  4. 独断で薬の分量を調整する(大型犬用を購入し、小分けにしたものを小型犬用として数回に分け与える等)
  5. 前回投薬した日程を忘れてしまい、次回の投薬予定が分からない

 

不安や疑問がある場合は、独断で判断せずに、動物病院へ相談をしましょう。