MENU

ペットくすりの薬が安い理由

 

海外からの個人輸入という方法で、今や様々なペット用品を安価に購入することが可能です。

 

ですが、発送元の国も多様な上に、模造品もあると聞くと、不安を感じてしまうこともあるでしょう。

 

では、「ペットくすり」では、どうしてこんなにも安価にフィラリア薬を購入することができるのでしょうか?

 

扱っている製品はすべてUSFDA(アメリカ食品医薬品局)またはWHO cGPM(WHOによる医薬品の製造と品質管理に関する国際基準)の承認商品です。

 

取り扱い製品は、「ジェネリック医薬品」であり、「海外製品」であるため、日本の動物病院で処方される製品よりも非常に安価で提供が可能なのです。

 

日本の動物病院で処方されている製品は、日本市場向けのパッケージングを行い、動物病院の独自のルートで流通をするため、同じ成分の薬剤であっても中間費用が生じることで、高額になってしまいます。

 

ですが、海外では、フィラリア薬は、動物病院の専売製品ではなく、街中のスーパーマーケットや薬局で一般的な商品と同様に市販されているのです。

 

日本では、まだあまり馴染みがなく、「ジェネリック医薬品」の処方率は15%ほどですが、海外では処方される薬剤の60%近くがジェネリック医薬品なのです。

 

薬剤の安全性が証明されている上に、同一成分で作られた安価な製品がある以上、積極的に活用することは当然といえるでしょう。

 

「ペットくすり」は開業以来、多くのお客様のご支持をいただき、今や会員数は10万人以上となる事ができました。よって製品の仕入れも大量仕入れが可能になり、より安価での提供が可能となっているのです。

 

また、WEBマーケティングのプロによる運営の為、受注から発送までの作業が非常にスムーズに進む為、個人輸入にあたって、中間業者を挟む事もなく、余計な費用を掛けずに運営ができているので、海外からの発送であっても、日本での予防薬購入価格を大幅に下回ることが可能となっているのです。

 

⇒ペットくすりの口コミを比較【良い評価と悪い評価】