MENU

フィラリア症

 

犬や猫を飼い始めてから、初めて「フィラリア」という病気の存在を知ったという方は非常に多いようです。

 

ペットショップで子犬、子猫を購入する場合には、特に説明を受けなかったので、その後にこの病気の存在をしり、予防に関する費用や万が一感染してしまった場合の危険性を知ったことでしょう。

 

身近にいる蚊がこのような危険な病気を媒介しているともなれば、尚更きちんとした知識と予防策をしっておく必要があるといえるでしょう。

 

フィラリアってどんな病気?

 

フィラリアとは、蚊が媒介する寄生虫による病気です。

 

この寄生虫は成虫になると、白く細い糸のような姿になり、犬の血管内で生息をし、産卵をしてゆきます。

 

成虫になったフィラリアは、犬の血管内を移動し、結果心臓の周りにたどり着き、血流を阻害してしまいます。よって、呼吸困難による咳を初期症状とし、心臓病などの様々な病気を引き起こしてしまいます。

 

悪化すると腹水が溜まり、貧血や吐血などの家族としては見るにたえない状況になるものです。

 

蚊がこのフィラリアに感染している犬の血を吸うことで、蚊自体がフィラリアに感染し、さらに他の犬の血を吸うことで、他の犬へもフィラリアが伝染してゆく恐ろしい病気です。

 

フィラリアを予防するには?

 

この病気は大変恐ろしい病気ではありますが、予防推奨期間中にきちんと投薬をすることで感染を100%予防できる病気でもあります。

 

犬、猫の病気の多くは、発症原因が明確に解明されていないものも多々ありますが、フィラリアに関しては原因も予防策もあるのですから、必ず実施しましょう。

 

予防するには、毎年初回の投薬開始前に動物病院で血液検査を受け、予防薬の投与を定期的に行います。

 

万が一フィラリアに感染してしまったら?

 

感染初期の時点で確認ができた場合、中大型犬であれば、年間を通じた投薬という対処療法での生活が可能です。

 

小型犬の場合、発症状況によっては、早期の手術を勧められる場合もあるでしょう。