MENU

ペット薬のジェネリック医薬品

テレビCMや薬局で見かける「ジェネリック医薬品」という言葉。

 

薬剤の費用をおさえることが出来るという点では非常にありがたいと感じるものの、安全面に関して不安を感じる方もいることでしょう。

 

ジェネリック医薬品はどうして安価に購入することができるのか?

新薬を販売するに至るまでには、莫大な研究費用、広告宣伝費用、その他諸々の費用が発生します。

 

ですから、特許を取得し特許が認められている期間中は、開発企業の権利が守られ、他社での製造や販売が制限されるのです。

 

ですが、この特許期間というのは、新薬開発にあたって、申請から20年間と定められています。20年の間に研究開発、許認可をすべて終えるのですから、実際に市場の流通する期間で考えると、実質的に独占販売ができる期間は、5年~10年ほどとい言われています。

 

この特許期間を過ぎると、一気に他社から攻勢が始まるのです。同一成分の製品の製造、販売が可能になるのです。

 

もちろん、特許認定期間中であっても、特許を取得している会社との交渉次第では、他社による製造販売も可能とされていますが、この特許の使用費用は莫大で到底他社が支払いをして販売をしても利益にはつながらないほどなのです。

 

すでに、特許期間中に有名になっている製品であれば、同一成分で他社が販売するにあたっても、研究費用も広告費用も生じないわけですから、その分製品の価格は数段安価になるのです。

 

この安価になった後発製品を「ジェネリック医薬品」と呼ぶのです。

 

つまりは、「ジェネリック医薬品」とは、薬剤の固有名詞ではなく、後発製品の総称なのです。

 

日本ではあまり流通していないの?

日本でも、薬剤費用の負担軽減のためにもと、最近では積極的に「ジェネリック医薬品」の利用を推奨する動きがみられるようにはなっています。

 

薬局や薬店では、ジェネリック医薬品の推奨をする告知を行い、健康保険組合は、保険証に「ジェネリック医薬品」を希望する旨のシールを張るようにも推奨しているほどです。

 

今後は、日本でもジェネリック医薬品の活用がますます広がりを見せることでしょう。

 

⇒ペットくすりの個人輸入代行サービスについて