MENU

ストロングハートチュアブルを徹底解説

 

最近、テレビCMや薬局で「ジェネリック医薬品」という言葉を耳にしたことがありますか?

 

「ジェネリック医薬品」とは、有効性や安全性が実証された新薬の特許期間が終わってから、他社が同一成分で販売を行っている薬のことです。

 

同一成分でありながら、価格は当初の新薬よりも大幅に下がることから、人間用の薬剤でも積極的に導入されています。

 

同じように、動物医薬品の世界でも、「ジェネリック医薬品」の導入が行われています。動物用医薬品、予防薬といえば一番身近なものは「フィラリア薬」ではありませんか?

 

 

「ストロングハートチュアブル小型犬用」は、「カルドメック」のジェネリック医薬品です。「カルドメック」は、世界的なトップブランドであり、日本で最初に承認されたフィラリア薬です。

 

購入は動物病院の処方のみですが、当サイトで紹介しているペットくすりでも購入可能です。しかも動物病院で購入するよりも激安で買うことができます。もちろん中身は全く同じ薬です。

 

同一成分で発売されたジェネリック医薬品である「ストロングハートチュアブル小型犬用」は個人輸入による購入が可能です。個人輸入での購入の場合、価格は大変安価となります。

 

このフィラリア予防薬は、与えやすい「おやつタイプ」で、甘い「ミート味」です。食にこだわりのある小型犬でも、喜んで食べてくれると評判です。

 

予防や、月1回 体重に応じた量を与えてください。納品時のパッケージは英語で表記されています。

 

給与量は以下のとおりです。

 

  • 小型犬用:11kg以下
  • 中型犬用:12kg - 22kg
  • 大型犬用:23kg - 45kg

 

ただし、45kg以上の犬に対しては、これらの錠剤を適切に組み合わせて用います。45kg以上の詳しい服用量については獣医師にご相談ください。

 

生後6カ月以上の犬への投与が可能です。投与直近に、必ず動物病院で、フィラリア感染の有無を確認するための血液検査を受診しましょう。

 

万が一、フィラリアの感染が確認された場合は、獣医師に投与に関する指示を仰ぎましょう。

 

投薬期間は、国内各地域ごとに発表されている「フィラリア予防推奨期間」を参考に、フィラリア薬の投与忘れのないように正しく投与をしましょう。