MENU

フィラリア薬のメリットとデメリット

フィラリア予防に関するデメリット

 

  1. 毎月定期的に予防薬を投与しなくてはいけない
  2. 動物病院での検査、処方には高額な費用が生じる
  3. 予防を怠るとフィラリア症に感染してしまう可能性がある
  4. フィラリア予防期間中は、動物病院が大変込み合い、通院の為の時間の融通が付かないこともある
  5. 動物病院によっては、2,3カ月分までを上限とする処方のみの場合もあり、予防期間中に何度も通院しなくてはいけないこともある

 

このように、毎年必ず行わないといけないこととはいえ、フィラリアをきちんと予防する事を非常に面倒に感じることも多いでしょう。

 

中でも、フィラリア薬の費用に関する点は負担が大きく、皆同様に「少しでも安く」と思うことでしょう。

 

ですが、フィラリア予防をきちんとする事でのメリットももちろんあるのです。

 

フィラリア予防に関するメリット

 

  1. フィラリア症に感染してしまった場合の治療費用を考えると、毎月の予防費用もさほど大きな負担ではない(フィラリア症に感染した場合の手術費用は数十万円と非常に高額なので)
  2. 安価に購入できる方法でフィラリア薬を購入することで、大幅に費用を抑えることが可能(ですが予防前の事前の血液検査のみは必ず動物病院で受診しましょう)
  3. おやつタイプやスポットタイプの場合、家庭でも簡単に投与が可能
  4. フィラリア予防薬は、自宅保管が可能
  5. 予防期間分の薬剤を一括でまとめて購入することで、より安価に購入することが可能

 

このように、今やペットのフィラリア予防も、インターネットを上手に活用することで、費用を大幅に抑え、通院の手間を省くことが可能なのです。

 

簡単なひと手間で、危険な病気から大切な家族の健康を守ることができるのですから、予防は毎年正しく行いましょう。

 

また、フィラリアとノミ・ダニの予防は同時に行うことが可能です。

 

いくつもの薬剤を使い分けるのではなく、同時に予防することが可能な予防薬をぜひ活用しましょう。